nobu blog

C#プログラミングやゲーム、ゲーム音楽コンサート周りの話をつらつらと。

*



うたわれるもの 偽りの仮面 レビュー2(序盤プレイ後) ネタバレなし感想

      2015/10/13

概要

前回に引き続き、うたわれるもの 偽りの仮面のネタバレなしレビュー感想を書きます。
また、基本的に前作をプレイした上での比較を含んだ話になりますので注意してください。

うたわれるものに関する過去記事は以下です。
うたわれるもの 偽りの仮面 レビュー(序盤プレイ後) ネタバレなし感想
うたわれるもの 偽りの仮面 購入 開封レビュー
PS Plusで配信された うたわれるもの が面白い
うたわれるもの クリアしました

スポンサーリンク

物語の印象

うたわれるものというと、国と国と戦や謀略などの駆け引きなどが物語の大きなウェイトを占めるところになると思います。
今作もそういった国と国の間の戦が扱われた作品でありますが、正直な所そこに至るまでの過程が長すぎてちょっとダレてしまったのが正直な感想です。
既に10時間以上はプレイしていると思いますが、やっと戦が始まったといった所で、日常的な描写やちょっとしたイザコザなどがずっと続いていていたので正直もう少しこの辺りはカットしてもいいのではと感じました?
ただ、色々と伏線が散りばめられて話が展開していくので、これから先がどうなるのかが非常に楽しみです。

キャラの印象

これからも物語に応じてキャラは増えていくと思いますが、まだ序盤だとは思いますが一通りメインキャラは勢ぞろいといったように感じました。
どの登場人物も性格が立っていて愛着がわくのは流石です。
また、最初は違和感だらけだった主人公の藤原啓治さんボイスもさすがに慣れてきて、違和感も無くなりこれはこれでありかなぁと感じるようになりました。

ゲーム難易度

戦闘の難易度ですが、ちょっと高いかな?と感じました。
敵の攻撃力が非常に高く、雑魚でも2度攻撃を受けるとキャラが死ぬといった難易度になっています。
無茶苦茶な難易度というわけではないので、1行動1行動をしっかり考えて行動しないといけない緊張感があってこれはこれでいいと思います。

そのほか

画面のスクリーンショットが序盤は取れるのですが、ある程度進むと一切取れなくなってしまいました。
ネタバレ防止なのかわかりませんが、ちょっとやりすぎだよなぁ・・・と思います。

 - ゲーム