nobu blog

プログラミングやゲーム、ゲーム音楽コンサート周りの話をつらつらと。

*



光田康典 作家20周年記念ライブ THE BRINK OF TIME 感想

      2015/07/27

概要

先月参加した、Play On Arcに引き続き、ゲーム音楽のコンサートとして光田康典さんの作家20周年記念ライブに行って来ました。

光田康典さんについて

光田康典さんについて簡単に説明すると、主にゲーム音楽を中心に作っている作曲家さんです。
FFなどで有名なスクウェアで作曲家として活動した後、独立して活躍しています。
彼が作曲担当したもので有名な作品と言えば、
・クロノシリーズ(クロノトリガー、クロノクロス)
・ゼノギアス
などが挙げられます。私もクロノクロスの音楽は非常に好きで、サントラは何度も聞きました。

光田康典さんに関する詳細はwikipediaを見ていただけるとわかると思います。

スポンサーリンク

当日の感想

入場~開演前

会場は東京グローブ座といった、新宿から1駅隣の山手線の新大久保から5-10分程度歩いた場所にあります。駅前の繁華街を少し外れた住宅街的な場所にひっそりあります。
入り口が少しわかりづらく、最初は反対側に行ってしまいました。

東京グローブ座
bl4

東京グローブ座は主に演劇用に使われているようで、キャパ数は約700と大きい割には円形になっており、どの席からも見やすいように工夫されているようです。
globe
公式HPより

当日は2Fの席でしたが非常に見やすかったです。
bl1

ライブ

ライブは2部構成で、
1部 60分
休憩 15分
2部 75分
という約2時間半の構成でした。
クロノトリガー、クロノクロス、ゼノギアスを中心に、光田さんのこれまでの作品を満遍なく取り上げた構成となっており、
キリテといった、オリジナルのアルバムから多くの選曲がされていました。
聞いたことが無かったので、今回のコンサートに行く前に一度聞いておくべきでした・・・。
曲の構成としては、インスト4割、ボーカル曲6割程度で
ボーカルの女性が3人、代わる代わるボーカルを担当して様々なタイプの曲を聞くことができました。
特に、サラ・オレインさんのボーカルは圧巻でした。彼女はボーカル以外にもインスト曲ではヴァイオリンを弾いていて凄い才能の持ち主だなぁ・・・と感じました。
また、スペシャルゲストとして両日どちらか一名ずつ参加とアナウンスされていた下村陽子さんと谷岡久美さんは、結局お二人とも登場し非常に豪華な顔ぶれとなりました。
特に谷岡久美さんは2曲ピアノソロで演奏し、風の憧憬は非常に素晴らしかったです。
何故かセットリストには記載されていないのですが、RADICAL DREAMERS ~盗めない宝石~では原曲同様の綺麗なストリングスとボーカルで感動しました。
アンコールでは一番聴きたかった時の傷跡を演奏され、前半は原曲どおり、後半はアレンジといった形で非常に熱かったです。

セットリストは以下です。(パンフレットより抜粋。RADICAL DREAMERSは後半のどこかだと思います)

01.予感 → CHRONO TRIGGER → 時のみる夢(クロノトリガー、クロノクロス)
02.MELKABA(ゼノギアス)
03.Sailing to the World(THE SEVENTH SEAL)
04.ヴォルフィノーの市(キリテ)
05.風の約束~花片の行方(キリテ)
06.SMALL TWO PIECES ~軋んだ破片~(ゼノギアス)
07.風の憧憬 -Piano Only(クロノトリガー)
08.Lime Odyssey -Piano Only(Lime Odyssey)
09.Beyond the Sky(ゼノブレイド)
10.人が語り継ぐ限り(Soul Sacrifice)
11.邂逅~闇の帷(キリテ)
-休憩-
12.オープニング → つぐない → 魔王決戦(tsugunai)
13.黒執事 Book of Circusメドレー(黒執事 Book of Circus)
14.- Ring – → 炎を駆けるラルゴブリッジ(ソーマブリンガー)
15.astaroth-8-minute-note-mix(SHADOW HEARTS)
16.Dream As One(SARAH)
17.BALTO(ゼノギアス)
18.Pain(ゼノサーガ Ep1)
19.希望の名は(キリテ)

Encore
En1.CHRONO CROSS ~時の傷跡~(クロノクロス)
En2.遥かなる時の彼方へ → クロノとマール(クロノトリガー)
En3.LAHAN(ゼノギアス)

パンフレットなど

会場で入場時に渡されたリーフレットです。
当日のセットリストと光田さんのメッセージが書かれています。
bl5
bl6

会場で2000円で販売されていたパンフレットです。
80ページを超えるボリュームで、この手のパンフレットとしては非常に濃い内容で買ったかいがありました。
bl7
bl8

また、封入のチラシに2015/10/14にクロノトリガーとクロスのアレンジアルバムが発売される告知が入っています。
これは非常に楽しみですね!
arrange

最後に

今回、光田さんの作品を全てカバーしているほどのファンではなく知らない曲も多くあったのですが、初めて聞く曲でもいい曲が非常に多く、是非聞いてみようと思いました。
やはりゲーム音楽のコンサートは座りながらゲームの世界観や曲の雰囲気に浸れるため非常に好きです。
近いうちまた行こうと思います。

 - ゲーム, ゲームコンサート