nobu blog

プログラミングやゲームの話など。

*



Oracle CloudのFree Tierで無料サーバ環境を使用するために新規登録する方法

      2020/08/31

概要

Oracleが提供する クラウドサービスである、Oracle Cloudにおいて常時無料で使用可能なFree Tierを使用するために新規登録する方法のメモです。

下記に関して説明を行います。

  1. Oracle Cloudのサービス概要
  2. 常時無料枠に関して
  3. アカウントの新規登録方法

今回説明する事

  1. Oracle Cloudの概要説明
  2. Oracle Cloudのメリット、デメリット
  3. アカウント登録手順

今回説明しない事

  1. アカウント登録後のネットワークやサーバ環境構築方法

2020/08/31 追記:アカウント作成後にサーバー環境の構築方法に関しては下記で説明しています。アカウント登録後に下記を参照ください。

Oracle Cloudで常時無料なwordpress用のサーバー環境を構築する

スポンサーリンク

Oracle Cloudとは

データベース製品のOracle DatabaseやJava, My SQLで有名なオラクル社が提供するクラウド型のIaaS,PaaS,SaaSなどのインフラを提供するサービスです。

クラウドのインフラサービスだとAmazonのAWS, MicrosoftのAzure, GoogleのGCPが有名で、Oracleはこれらと比較して後発で知名度では劣ります。また、提供するサービス数も多くありません。

Oracle Cloudのメリット

その上でOracle Cloudを使う上での一般的なメリットとしては、

  • オラクル社の製品と親和性の高いサービス
  • 同様のサービスを他社よりも低価格で提供(無料枠も)

が挙げられます。

特に後者に関して、2019年にAlways Freeといった常時無料で使用可能なサービスが追加されました。

クラウド各社の無料サービス

多くのクラウドサービスにおいて、無料サービスは2種類あり、下記に分類されるかと思います。

  1. 期限、金額に制限があるもの (ex: 最初の1年間は無料。最初のxxxx円分無料など)
  2. 無期限で利用可能なもの

Oracle Cloudにおいても、Free Tierといった形で両方を提供していますが、後者に当たるAlways Freeは、他社と比較して大きい枠を提供しています。

詳細は公式HPにて確認していただきたいですが、個人的には下記の2つが大きいです。

  1. 仮想マシン環境 2つ
  2. Database(Oracle DB)環境 2つ

他社でも一定時間や1台だけ無料などはありますが、常時使用可能な2仮想環境と、RDBMS環境を提供しているのは太っ腹ではないでしょうか。後者は自社でDB製品を提供しているOracleならではな感じがしますね。

登録手順

前置きが長くなりましたが、登録手順を説明していきます。

事前準備

常時無料で利用は可能ですが、アカウント登録で必要となるためクレジットカードの登録が必要となりますので、番号等の情報を登録可能なように準備してください。(常時無料サービスを使用している限りには課金はされません。)

また、SMS認証が必要となるので、携帯電話電話を用意してください。

HPアクセス

公式HPにアクセスし、[ Oracle Cloud Free Tier を試す ] を選択します。

 

海外版のサイトに移動するので、Start for freeを選択します。 

サインアップ

Country : Japanを選択

Email Address : 自分のメアドを入力

Nextボタンを押下

 

Account Type : Personal Useを選択

Cloud Account Name : 任意の名称を入力

Home Region : Japan East (Tokyo) を選択。(ここはお好みで。)  

住所氏名、電話番号などの個人情報を入力してください。

 

電話番号は、下記のように入力します。

  1. Japan(81)を選択
  2. 先頭の0を抜いた番号を入力 (090 であれば 90)

入力後、Next Verify… を選択してください。

上記の携帯電話番号に認証番号が届くので、画面に入力を行ってください。

完了後、パスワード設定画面になるので、パスワードの入力を行って下さい。(確認用に2度入力)

Add Credit Card… を選択して、クレジットカード情報を入力します。

入力完了後、By clicking… にチェックを行い、Complete Sign-Upを押下します。

これでサインアップが完了です。完了が終わるまで数分程度かかるので、完了まで待ちます。

ログイン

サインアップが完了すると、ログイン画面に移動するので、登録したメールアドレスをパスワードでログイン可能かを試します。

下記のようにダッシュボード画面に移動できれば成功です。

まとめ

という事で、Oracle CloudをFree Tierを使用するためのアカウント登録方法を説明しました。思ったより手軽ですね。

次回は、アカウントを使用してサーバを作成する方法を紹介しようと思います。

2020/08/31 追記:下記にwordpress向けなどのWEBサーバの作成方法を追記しました。

Oracle Cloudで常時無料なwordpress用のサーバー環境を構築する

 

 - Oracle Cloud, WordPress, クラウドサービス